合同会社オークモントのヤフー事業説明会に参加してきました

2020年6月15日

いろいろなところから案内が来たのですが、ヤフーショッピングの運用代行とのことで興味があり、参加してきました。

事前に案内された内容

【今回の新規事業の特徴】
・あのヤフーが後ろ盾のBIG案件
資金0円でOK(かかる経費は弊社が負担致します)
2~3ヵ月で月10万円以上の収益化が可能
・自分が作業しなくてもマネタイズできる
20万円、30万円と収入が右肩上がりとなっていく。
・安定的な収入の柱を築き上げることができる。
最大で月1,000万円の収益化が可能。
・独自のビジネスモデルとなっているため、他事業では再現ができない。
・業務委託形式で参入していただくため、
   すでに働いている方でも取り組める。(兼業でOK!!)
が主な特徴となっております。
(説明会は無料です)

【特にこんな方に参加をおすすめします】
・キャッシュフローの早いビジネスをお探しの方
・10万円以上の資金がある方
・退職金や相続などでまとまったお金が入ってくる方
・年収300万円以上の方
・経営者や自営業者でいまのビジネスが順調なうちにキャッシュポイントを増やしたい方
・クレジットカードをお持ちの方
・これから資金を増やしたいと思っている方

説明会に参加してわかったこと

最初は会社のことやコロナのこと、投資、アフィリエイト、物販(ヤフオク・フリマアプリ)についての話。ここは本題ではありませんので、割愛。

物販は短い期間でも利益を出しやすい。デメリット、顧客対応や出品作業など面倒な作業がある。

具体的な内容

運用代行サービス。運用代行=あなたの代わりに運用を行います。

具体例)コンビニなどのオーナー業。フランチャイズのような形。店舗の運営を第三者に任せる。

今回は物販(ヤフーショッピング)のアカウントの運用を代行する。

楽して収入の柱を作ることができる。

現在21名のアカウントを既に運用している。

一番実績があって、自身のあるアカウント。
月に1000万円の入金。(売上)

どういったものを売っている?
どこからでも仕入れられるもの。

アマゾン
ネットショップ、
卸。

イヤホン・柔軟剤・ウォークマンガラスフィルム・デジカメ・ビジネスバッグ・洗剤
いろいろな商品ジャンル。

初月から売上が上がる。
毎月右肩上がり。

平均利益率15~30%。
独自の販売ノウハウ・独自の仕入れルートがあるから実現できる。

1ストア当たりの利益は100万円に達している。

物販を元に融資を受けることができる。

なんでヤフーショッピングなのか?運用するのか?
ヤフーの市場規模 1兆8000億円程あります。

初期費用がかかる。仕入れと経費は合同会社オークモントが負担。

初期費用は返金保証あり。

運用代行の流れ

①初期費用のお支払い後、契約(返金保証あり)
②アカウント作成を弊社と作成します。
③作成したアカウントを弊社が運用開始
・売上はスプレッドシートで共有
・いつでも運用状況が確認できます。
④月末締め/翌月15日払い
⑤指定の口座にお振込

既に運用しているアカウントの実績

①実践から4ヶ月で入金747,289円
②実践から1ヶ月で入金465,052円
 1ヶ月経った頃には5万円ほどにゅうきんがあった時は、正直驚きました。
③実践から3ヶ月で入金957,765円

受け取れる利益は?収入のイメージ

毎月の売上から諸経費を差し引いた20%
売上ー経費=純利益

(例)利益120万円ー経費20万円=100万円
あなたの利益=純利益から20%(20万円)

FCは一般的に10%程度。その倍を提供。(`・∀・´)エッヘン!!

アカウントを2つ、3つと増やすことであなたの毎月の収入が20万、40万、60万と上がっていく。

残りの80%
提携会社への報酬費用 46% 
国内発送費 19.0%
販促システム費用 15.0%
その他運用代行維持 10.0%
在庫管理費 5.0%
商品リサーチ費用 5.0%

運用代行費用

63万円でご案内させていただいております!!
セミナー参加者は3万円割引で60万円。

いろいろな支払い方法に対応しております。

カード24回払い
月25,000円 1日833円

カード10回払い
月60,000円

銀行振込10回払い
月60,000円×10回

現金一括は50万円。

カード複数枚もOK。

なぜ初期費用がかかるのか?
仕入れ代金。人件費。システムの導入費。販売準備の費用。

その後は運用利益だけでまかなうことができる。

右肩上がりで伸びております。
振込金額も。

やることはアカウント作成のみ。

契約書は業務委託契約書。

募集枠は10名。

運用代行期間は無期限。

運営会社について

2020-03-02 新規設立(法人番号登録)

商号: 合同会社Oakmont
本店所在地:東京都江東区有明1丁目2番11-2507号

2020-04-13 国内所在地の変更
商号: 合同会社Oakmont
本店所在地:東京都渋谷区道玄坂2丁目19番6号SQUARE渋谷502

新しい法人でした。

2020年6月の続報

ヤフーショッピング運用代行サービス(販売・売上事例)
を送っていただいたので、検証したいと思います。

売上事例1
2019年4月 +11,293,988円(手数料1,298,808円)手数料率約11.5%
2019年5月 +11,389,325円(手数料1,309,772円)手数料率約11.5%

10%超えているということは何らかの広告(PRオプション)を使って運用していることがわかります。

販売商品例

6992円でヤフショにて販売。仕入れは4280円。
利益+2712円と書いてあります。

しかしながら、この通りではありません。
この画像が事実とすれば、

6,992円ーヤフショ手数料(約805円)ー送料(約370円)=5,817円-仕入れ(4,280円)=1,537円(利益)
4,280円で仕入れをして、1,537円(約36%)の利益が入れば相当良い方です。

残念ながら、いまはそういう状況・市場環境ではありません。

同じ商品をヤフーショッピングで検索すると、現在は、

仕入れは変わらず4280円ですが、ヤフショの販売価格が下がっています。

残念ながら1年前のデータは参考にならないくらい状況・環境が異なるのです。

月次売上推移イメージ


 売上高
1ヶ月目 20万円
2ヶ月目 70万円
3ヶ月目 90万円
4ヶ月目 120万円
5ヶ月目 200万円
6ヶ月目 330万円
売上イメージはあくまでもイメージです。
販売時期取扱商品により売上推移は変動します。

このデータを見てもらえれば、わかりますが、6カ月で500万円にも届かないイメージということです。

KUROSUKEの意見

突っ込みどころが満載過ぎるのですが、まずは、

費用に関して

事前の案内
・資金0円でOK(かかる経費は弊社が負担致します)
セミナーの案内
・60万円

普通に費用がかかるということで驚きました。

報酬シュミレーション

月商100万円
 →利益15万円~30万円
 →このうち20%が報酬なので、3万円~6万円

月商300万円
 →利益45万円~90万円
 →このうち20%が報酬なので、9万円~12万円

ざっくり感想

あのヤフーが後ろ盾のBIG案件とのことでしたが、ただ単にヤフーのプラットフォームを利用するだけということのようです。

ヤフーショッピングで販売を開始すれば売上推移は右肩上がりに伸びますが、途中で売上の頭打ちがきます。運営するショップ数が増えれば増えるほど、管理が煩雑になります。

実践している人の実例を見ると、入金が実践から4ヶ月で747,289円となっていました。
これは売上なので、利益率が15%~30%、そのうち20%が取り分だとすると、
結局22,418円~44,837円。
60万円の回収には少なくとも26ヶ月~13ヶ月はかかります。

リスクに関しては全く触れられていませんでしたが、以下のようなリスクが考えられます。

・ヤフーショッピングのアカウントリスク(途中でアカウントが止まる可能性もあります)
・運営会社のリスク(新設法人のため経営状態が不明)
・提携会社のリスク(2社あるようです)
・システムのリスク(無在庫か有在庫かわかりませんが、システムを使うのであればリスクがあります)
・自分のスキルにはならないリスク(丸投げのため)
・仕入れ金額が確認できないリスク(信用するしかない)
・複数のアカウントを運営することのリスク
 これは売上のバラツキに出てきます。1000万円のショップもあれば、100万円のショップもある。
 作業時間をどのように割り振られるかは指定できないのです。
 スタッフの出品にかけられる時間が10時間あるとしたら、5時間ずつというのは理論上。実際には偏りが出るはずです。

結論

私には不要でした。

できれば自分で稼げる力を身につけ、たとえショップが潰れたとしてもアカウントを新規で作成し、また稼げる方が安心だと思います。

万が一のことがあり、お金を失ったとしても、知識やスキルはなくなりません。

私の基本戦略としては、①自分で稼げるようにスキルを磨く。②スタッフを教育する。③その結果自由を得る。です。

自分ができないことを丸投げしても、うまくいかないことが多いです。

prima