【悲報】モノレートがなくなります

Amazonのランキング・価格推移などを無料で見れるとして、人気のあったモノレート(monorate)ですが、2020年6月30日をもって、サービス終了とお知らせがありました。

サイト閉鎖の理由は??

Amazon様より、
「モノレートが、Amazonの規約違反に該当する」
とのご連絡を頂いた為です。

と明確に記載がありました。

検索機能が充実

アップデートが重ねられ、様々な検索機能が使えるため、私も商品選定の際に使用していました。
アマゾンでせどり・転売を行っている人はほぼ全員が使っていたと言っても過言ではありません。

ツール・プラットフォームのリスクには常に備えよう

どれか1つに依存するというのはリスクが高いです。

例えば、直近の例で言うと、eBayがあります。
海外への配送、海外からの輸入というのは、物流が大きなポイントになります。

今回の航空便の減便により、日本郵便が海外の配送を停止したということがありました。
きちんとリスクは考えておいた方が良いです。

モノレートでも同様です。モノレートに依存して転売をしていれば、モノレートが使えなくなったら困ることは明白です。

よく調べると2015年くらいから既にモノレートはなくなる可能性があると言われていたのですね。

非公式のツールはリスクがあると覚えておくと良いと思います。

モノレートがなくなるとアマゾンへの参入障壁が高くなる

何個売れてるか?いくら売れてるか?がわからなくなると、新規参入者からするとハードルが上がります。
いままでは何個売れて、出品者が何人だから、このくらい仕入れよう!
とやっていたものが、この基準がなくなるからです。

アマゾンに参入しにくくなると、無在庫に注目が集まる可能性があります。
ライバルがさらに増えることも考えられますので、きちんと想定して、行動しましょう。

モノレートの代替が何になるか?というのはまだわかりませんが、近いうちに判明していくと思います。

まずは使えるツールを使うのが良いですね。
ウリタスであれば、アマコンはまだまだ使えると思います。

あくまでもツールは補助的なもの。本質を理解して、どんなときも対応できるようにしておきましょう。

セラースプライト(SellerSprite)

セラースプライトはAmazonキーワード最適化、ビックデータを用いた商品リサーチ分析ツールです。

セラースプライトを見てみる

prima