無在庫ツール ウリタスの休店率を調べてみた

ULiTASのツールは100ショップ以上稼働中(随時更新)

10月22日現在、休店率は19%

前回はアノニマスのツールの休店率を調べましたが、今回はウリタスです。
100店舗以上を調査していますが、網羅しきれていないショップもあると思いますので、あくまでも参考に。

5店舗中1店舗が休店になっています。

休店率がアノニマスより低いのは、出品数に差があることが大きいかなと思います。

アノニマスは大量出品型のシステム、ウリタスは、、、

アノニマスは50,000点まで出品することができます。
ウリタスは1,000点あたりでシステム代金が変わります。

ウリタスを使用したショップの出品数は2,000前後が多いです。
PV分析機能が充実しているため、売れる商品を重点的に出品している店が多いです。売れていない商品は定期的にチェックして入れ替えることを推奨しています。

商品を数多く出せば出すほど、出品禁止商品に当たる可能性が上がります。
したがって、それが原因で休店に陥る店が多いのだと思います。

しかしながら、きちんとガイドラインを把握し、慎重に商品登録を進めていくことで防ぐことができます。

売上が200万円を超えているのは、全体の15%程度

これもあくまで独自調査の結果です。

大きく利益を上げていくには、ツールを使うショップの中でも上位10%~15%に入る必要があることがわかります。

他店との「差別化」するポイントも運営していく中で見つけていくといいでしょう。

こちらの記事は定期的に更新しますので、お楽しみに。

prima