意外にみんなが意識していないツール代のこと

無在庫転売をやるのに切っても切れないのがツールの存在です。
在庫リスクを抱えない代わりに、ツールを使う必要があります。

毎月かかるものですので、しっかりと意識しておきましょう。

1注文あたりいくら?

まずはツール代を1注文あたりいくらか計算してみましょう。

月19,800円のツールで、
月間注文数100件 @198円
     200件 @99円
     300件 @66円
     500件 @39.6円
     1000件 @19.8円
となります。

月39,800円のツールで、
月間注文数100件 @398円
     200件 @199円
     300件 @132.7円
     500件 @79.6円
     1000件 @39.8円

例えばあなたが、19,800円のツールを使っていて、月間注文数が200件だとしましょう。
このとき平均顧客単価が5,000円、利益率の設定が、10%とします。

見込み利益は1注文あたり500円。
1注文にかかるツール代は@99円ですから、1件当たりの見込み利益は401円ということになります。

この場合利益率は8.02%になります。

例えばあなたが、39,800円のツールを使っていて、月間注文数が200件だとしましょう。
このとき平均客単価が5,000円、利益率の設定が、10%とします。

見込み利益は1注文あたり500円。
1注文にかかるツール代は@199円ですから、1件当たりの見込み利益は301円ということになります。

この場合利益率は6.02%になります。

ツール代は必ずかかりますので、これも加味して利益率を考えた方が良いと思います。
そうでないと利益が残らないといったことになってしまいます。

1商品あたりいくら?

ツールによって、出品可能な商品数が異なります。

2000商品/19800円のものもあれば、
50000商品/39800円のものもあります。

前者は1商品9.9円
後者は1商品0.796円となります。

ここで在庫切れ等で実際に販売できない商品が全体の10%あるとします。
そうすると、
前者の場合、1980円
後者の場合、3980円
を損していることになるのです。

在庫切れはツール代を無駄にしてしまいますので、0に抑える必要はありませんが、しっかりと管理するようにしましょう。

通販ショップにとっての正しい粗利計算方法

粗利の計算には、原価に加えて、配送料(1配送当たりの平均)、ヤフーショッピングへの手数料(1注文あたりの平均)、ツール代(1注文あたりの平均)

粗利=売上ー原価ー配送料ーヤフショ手数料ーツール代

これがプラスになる仕組みを作れば、あとは受注件数を増やすだけで、利益が積みあがっていきます。

マイナスだとショップ継続が難しくなりますので、まずは現状を計算→改善してみてください。

prima