売上前月比+923%を達成したコンサル生に聞いたヤフショ無在庫の戦略

コンサル生からうれしい報告がありましたので、ご紹介したいと思います。
2019年に無在庫販売をはじめて、なかなか苦戦が続いていたUさんですが、2019年11月と比べ12月の売上が923%アップしたとのことです。
これまでもいろいろな報告を受けていましたが、最高の伸びでした。

大事なのは差別化

これまでに、価格で勝つ、ヤフショSEOで勝つことなどをご紹介してきました。

ヤフショ無在庫は稼働店舗でいうと既に1000店舗ぐらいあるのではないかと思います。

そのため、他店で出品されておらず、独占できる商品を探すのはとても難しくなっています。

そこで、Uさんが考えたことは、他と被らない戦略でした。

ほとんどの方が外部の倉庫を使っていると思いますが、その場合140サイズまでの対応であることが多いです。

この方は、そこに注目し、
160サイズを中心に自己発送したらどうかと思い立ったわけです。
テレビとか、電子レンジとか、炊飯器とか、160サイズのものって結構あるんです。
試しにやってみたら、初月で売上が伸びたわけですね。

思考停止の無在庫販売は生き残れない

どのショップにも売上の停滞期というのは訪れます。
そこを抜けられるかどうかが、安定的に稼げるかどうかのポイントです。

どうしたら売れるか常に考える。

頭に汗をかくことで、ヤフショ無在庫だけで生活できるくらいの水準まで利益を伸ばすことができます。

売上が伸び悩んでいる方、相談でも構いませんので、ぜひLINEにご連絡くださいね!

LINE ID検索:@794hkusy
QRコードでの追加は↓