無在庫販売で禁止されている商品を出品するとどうなるのか?

無在庫販売では在庫リスクを抱えなくて良いというメリットがあります。
しかしながら、扱う商品の中には、扱ってはいけない商品も含まれることがあります。その場合どのようなことが起こるのか、パターン別にお伝えしたいと思います。

そもそも禁止(警告が来る)商品というのはメーカーで卸していない商品などが当たります。販売代理店を限定している商品もあります。
知らないとこのような商品を出品して、最悪の場合、ごくごくまれですが、裁判を起こされるケースもあります。
私の場合は、裁判まで行ったケースは1回も経験しておりません。
しっかりと見極められるようになれば問題ありませんので、ご安心ください。

対応を怠ると休店や最悪の場合、契約解除になってしまう場合もありますので、ご注意ください。

Yahooショッピングの問い合わせフォームより取り下げ依頼が来る

前略 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
私は株式会社〇〇にて法務を担当しております〇〇と申します。
現在、貴社がご出品されております以下商品について至急出品のお取り下げをご要請させて頂きます。

当社で販売している商品につきましては、楽天・アマゾン等での転売、オークションサイトへの出品を固く禁止しております。
当社が運営する店舗以外で販売されている商品につきましては、正規の保管より離れた物になりますので、品質並びに賞味期限、安全性は保障いたしかねます。

【取下拒否の場合の対応】
商品の真贋及び、仕入経路、明細、知的財産権の侵害について、ヤフー株式会社へ措置を要請致します。

だいたいが上記のような文言です。
基本的に求められているのは、取り下げ=販売をしないことになります。

この場合の対処法は、言われた通りに取り下げをして、その後も出品しないことになります。

ショップ宛に電話が来る

電話を取ると、お客様ではなく、メーカーからのクレームの場合もあります。
基本的には取り下げを求めてきますので、素直に消せばOKです。

文書で警告が届く

特商法の住所記載がありますので、そこに文書が届く場合があります。
メーカー名義で届くこともあれば、場合によっては弁護士から届くこともあります。
取り下げを求められたり、どこから仕入れしているのか?という確認のものもあります。

上記の場合は、販売数量・価格を開示するようにとのことでした。
この際も取り下げをしただけで事なきを得ました。

このようなケースがあるということを知っていれば対応に困ることはないと思います。
無在庫という性質上、なんでもかんでも出品できてしまうので、できる限り情報収集し、避けられる警告は避けるようにしてください。

LINEにて出品禁止商品などの情報をシェアしてますので、必要な方は、
@050agzds で検索して追加してください。

無在庫をまだやっていない方は、意味がありませんので、通常の
@794hkusy の方を追加お願いします。