【ヤフショ無在庫】そんなすぐに簡単に稼げない

簡単に稼げる方法というのは確かに存在します。しかしながら、あなたのところにその方法が運良く転がり込むことはありません。
万、万が一その方法を知れたとしても、それはみんなが知れるということ。すなわち、参入者が増えます。

その結果どうなるかというと、どんどん参入者が増えることで、結局そこから甘い蜜がなくなってしまいます。

市場には必ず競争原理が働くのです。したがって、短期間では稼げたとしても、長期的には稼げなくなってしまうのです。

これから無在庫に挑戦する方は、簡単に稼ぐという思考は捨てた方がいいです。

楽天無在庫(楽タス)がいまこの状況

楽タスの募集が始まったのが、2020年の2月です。
そこから準備して、4月に一番高い売上の人は、月商22,247,607円達成していました。

この事実を見たときに、明らかにいまは参入者が少なく、甘い蜜が吸える状況にあると言えます。
しかしながら、この状況はすぐに終息します。

大事なことは長期的に安定して稼ぐことだと思います。

そのためには、無在庫販売を行いながら、通販サイト運営のイロハを学ぶことが大事です。

ヤフショ無在庫(ウリタス)も全く同じパターンだった

参入者が少ない時(私が参入した2019年1月)は、一気に初月から売上が200万円、300万円立つような状態でした。
いまはどうでしょうか?初月から50万円経てばいい方に入るかと思います。

無在庫を実践するのであれば、まずは半年間、しっかりと集中して取り組むことをおすすめします。

そんな長いのか。。。と思うかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。

いままでアルバイトでも、仕事でも、最初の一ヶ月で一人前になれたものはありましたでしょうか?
そんなことはないと思います。まずは先輩に教わり、少しずつ覚えていきます。

無在庫販売もそれと同じです。

1か月、2か月、3か月と続けていくことで、商品の登録はスムーズにできるようになる、注文処理は短時間でできるようになる。

ようやく最低限のスキルが身についていくのです。

無在庫販売は稼げますが、短期視点で取り組むのは辞めましょう。