コロナの検査キットはヤフショの規約違反!?休店や契約解除になる!?

ネットショップをやっているとダイレクトメールで卸からの連絡が来たりします。
最近、検査キットの提案をよく見るので、調査してみました。

ヤフショでの検索結果はこちら

ヤフショの規約上、コロナ検査キットは扱えるのか?

まずはしっかりと規約に照らし合わせて検証する必要があります。
検査キットにもいろいろあります。

・自宅で唾液を採取し、検体を送って検査してもらうもの
・抗原をその場で検査するもの

ヤフーショッピングガイドラインでは以下の項目が該当すると思われます。(身体機能検査となっているので、少し判断が難しいところはあります)

3 取扱商品・販売形態について

(1) 以下の商品の販売は禁止します

チ 身体機能検査キット(検体を郵送などで検査センターなどに返送しておこな
うもの。ただし、紹介されている検査機関についてプライバシーマークまた
は ISMS 認証を取得していることがサイト上で確認できた場合を除きます)

大事なのは、検査機関で、プライバシーマークまたはISMS認証を取得しているかです。

東亜産業の販売する新型コロナウイルス PCR検査 唾液採取用検査キットは検査機関が、
福岡西区総合PCR検査センターと記載されています。

まずはプライバシーマークの有無ですが、現在付与事業者は16350社。
以下のリンクから検索が可能です。
https://entity-search.jipdec.or.jp/pmark

東亜産業(トウアサンギョウ)ではヒットしませんでした。

ISMS認証に関しても同様です。
https://isms.jp/lst/ind/org_list_TO.html


東亜産業ホームページを見ると、個人情報保護方針が記載されています。

4.個人情報の委託について
東亜産業は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。
また、コンサルティング、プライバシーマーク申請、ISMS申請業務におきまして第三者と共同して業務を遂行する場合に、個人情報の取り扱いを委託する場合があります。

と記載がありました。ここにも東亜産業がプライバシーマーク、ISMS認証を取得していることについては書かれておりません。
従って、ヤフーショッピングの出品禁止商品に該当するものと考えられます。

抗原を検査するタイプはどうか?

抗原を検査するタイプはその場で判断が可能であり、郵送するタイプではないため、
禁止商品には該当しないと思われます。

結論:コロナ検査キットはタイプによって異なる

取り扱う際には、規約を確認し、必要であれば当該機関に問い合わせをしてから扱うようにしましょう。
まだ規約違反などの事例は出てきていませんが、今後出てくる可能性がありますので、注意しましょう。