【発送効率化】brother(ブラザー)のQL-800を購入してみた

無在庫販売に限らず、転売・せどり・通販では様々な発送方法を使います。
小さいものは定形郵便から始まり、宅急便やヤマト便、家財便まで様々な方法があります。

今回の効率化はその中でも、定形・定形外郵便の効率化の方法です。
クリックポストに関しては以前、クリックポスト発送を効率化する拡張機能のご紹介で紹介しましたので、それの続編になります。

郵便のメリットは、全国一律・契約が必要ない事

郵便は、日本郵便が提供するサービスです。

・全国一律料金(沖縄・北海道含む)
・すぐに使える
・集荷を待つ必要がなく、ポスト・郵便局・ローソンで出せる

郵便の宛名は手書き?印刷?

手書きは時間がかかりすぎます。件数が少なく、字がキレイであれば問題ありませんが、あまり得意ではない人もいると思います。

ある程度物量が増えたら、印刷で対応することをおすすめします。

購入したのは、QL-800

[ブラザー] BROTHER PC宛名 ラベルプリンター QL-800 並行輸入品
並行輸入の方が安いです。ロサンゼルスより届きました。(かっこいい響き。)

これまでは、中川製作所 楽貼ラベル 44面 A4 (100枚入(4400片))を使用していましたが、手間ともともとブラザーのものを使ってみたかったので、購入してみました。

44面の場合、再利用ができないため、印刷が10面しかないと残りの34面は無駄になってしまいます。リサイクルするので無駄にはならないですが、それを保管しておくことも手間になります。

コスト的には、4400片で1,415円。モノクロコピー1枚1円。=@0.345円+ロス分

QL-800で使うのは、互換ラベル。
8000枚で3650円。@0.45円(ロス無し)

価格比較してもほとんど遜色ありません。

印刷が早い!!

社員にもさっそく使ってもらいましたが、印刷が早いと高評価でした。
1分間に93枚印刷できますので、スピードは申し分ありません。
手元ですぐに印刷・貼付できる点も良いです。

一度P-touch Editorというソフトでテンプレートを作成しておけば、あとはエクセルでデータを作り、データベースで接続をすれば、あっという間に印刷ができます。

届いたばかりなので、いろいろ試行錯誤してみますが、セットアップは1日もかからず、非常に使いやすいです。

無線LAN・Bluetoothに対応の上位モデルQL-820NWBは倍以上の値段するので、まずは有線のQL-800を使ってみて、導入を検討してみるのが良いと思います。

ルーチンワークは効率化と削減を意識しよう

発送は利益を生まない作業です。しかしながら、通販やネット物販ではかならず行わなければなりません。
単調な作業こそ、工夫が大事です。

定期的な見直しと、時間・費用を考えて見直しをしていくようにしましょう。
長期的に見ると大きな削減につながります。

prima