無在庫ツールを変えても稼げない理由

無在庫の店舗を見ていると、使用しているツールが変わっているショップがときどきあります。私の経験上、ツールを変えて儲かるようになる確率は低いです。
その理由についてお伝えします。

同じツールで稼いでいるショップがある【事実】

どのツールでも、基本的に稼いでいる店舗はあります。
数百万円規模であれば、どんなにツールが悪くてもやり方次第で売れます。

ツールを変える人というのは、稼げない原因をツールのせいにしています。
ツールのせいにすることは非常に簡単です。

しかしながら、ツールのせいにした瞬間に改善案が限られてきます。

①違うツールを購入する
②ツールを開発してもらう

どちらかになります。

そうすると原因が外部になるので、自分の力では改善することができないのです。
ほとんどが最終的にお金で解決することになります。
利益が出ていないのに、お金をさらに払うことになります。

しかしながら、自分の中に原因があると考えた場合は、いろいろと対応策が考えられます。

売れない理由は、自分にある

売れない理由を自分だと認識すると、考えることができます。

出している商品が悪いのかな?
利益率の設定に問題があるのかな?
サイトに問題があるのかな?

そうするといろいろと対処法が出てきます。

もし全く思い浮かばない場合は、通販に関する書籍を読むことをおススメします。
知識不足だと思いますので、インプットが必要です。

書籍を読むとヒントがいくつも出てくると思います。

あとはそれを1つずつ試していけばOKです。
ある時に、「これか!!!!!」という点が見つかると思います。

私のコンサルティングはそのショートカットをしているだけです。
これまで私が経験したことで必要なことをお伝えすることができます。