無在庫について情報収集する際に注意すべきこと

無在庫転売を行う上で、情報収集というのは非常に重要です。
情報収集によってヒントを得て、売上を上げることができたり、休店を防げたり、様々なところでメリットがあるからです。
しかしながら、情報収集の方法を間違ってしまうと、進べき方向を誤ってしまいますので注意が必要です。
今回は注意点についてお伝えします。

情報を提供している人は無在庫を実際にやっているかどうか

無在庫の情報を提供している人の中には、実は無在庫をやっていない人もたくさんいます。
過去やっていた人も含まれますし、情報を提供することでビジネスを行っている人もいます。

無在庫で稼ごうとしている人が必要なのは、無在庫で稼いでいる人から、情報収集をすることです。

無在庫をやっている人なのか?という視点をもって、情報を見てみてください。

無在庫で稼いでいる人は、個別の商品情報を発信しない

具体的な商品(ASIN)を出して、これが売れます!と言っている人。

情報を探している方からするとありがたい!となるのですが、
本当にそうでしょうか?

もしその方が本当に出品をしていたら、その情報を得た人が出品者として増えます。(=ライバルが増える)
売上の一部が他のショップに流れてしまう可能性があります。

無在庫で稼いでいる人であればあるほど、具体的な商品リストは出せないのです。
それほど貴重なデータということです。

ある情報発信者のLINEを見ていたら、警告の来る商品を堂々と紹介していたり。。。
無在庫を絶対やってないというのが明らかです。

情報収集する際は、注意してみてください。