【ヤフショ】8月18日よりプロダクトカテゴリ登録が必須になります

商品登録の際、様々な情報を入力する必要があります。
その中にプロダクトカテゴリという項目があります。

これまではプロダクトカテゴリが設定されていなくても、商品名や商品説明で検索にヒットして表示されていました。
しかしながら、8月18日以降は検索結果ぺージに一切表示されなくなります。
今回はガイドラインの内容と対策についてお伝えします。

ヤフショのプロダクトカテゴリ(product-category)とは?

プロダクトカテゴリはヤフーショッピング側が定めているカテゴリのことです。
ヤフショ内で商品を探しやすくするためにカテゴリ分けされています。

今回のガイドライン変更でどのような影響が出る?

公式で発表されている内容は以下の通りです。

<非表示箇所>
 ・Yahoo!ショッピング検索結果
 ・PayPayモール検索結果
 ・Yahoo!ショッピングストア内検索結果
 ・PayPayモールストア内検索結果
 ・各モジュール
 ・外部広告(ソリューションパッケージ)  など

PayPayモールは10月に統合されてなくなるため、気にしなくてOK。

大事なのはヤフショの検索結果と、ストア内検索に表示されなくなるということです。
一言で言えば、お客さんからほぼ見られなくなるということです。

見てもらえなければカートに入れてもらえないと同義ですので、

プロダクトカテゴリを設定していない=在庫切れと同じ

と考えていただければ良いと思います。

売上に全く貢献しないということです。

「自分のショップには関係ない」は間違い

プロダクトカテゴリは定期的に見直しがされています。
今まであったカテゴリがなくなることも頻繁にあります。

そのため、定期的にプロダクトカテゴリが登録されていない商品がないかチェックする必要があります。

プロダクトカテゴリ未設定数を確認する方法

ストアクリエイターPro ストアエディタにログインし、赤枠で囲った部分を確認してください。

私のショップの場合は、4となっています。
すなわち私も再設定が必要な商品があるということになります。

プロダクトカテゴリ未設定の商品を確認する方法

商品管理を選択します。

一番下までスクロールします。

商品データ ダウンロードをクリック。

ポップアップが開きますので、2つ目のプロダクトカテゴリ未設定商品を選択。
ダウンロードを押します。
(※商品数が多い場合は元のページに戻ります(ファイル準備中)が、少し経ってから商品データ ダウンロード押せばダウンロードできます。)

プロダクトカテゴリを追記し、ファイル保存→アップロード

プロダクトカテゴリに何も入力されていない状態ですので、適切なプロダクトカテゴリを入力します。
その後、ファイル保存し、項目指定を選択してアップします。

上書きを選択するとその他の商品がすべて消えますので、ご注意ください。

プロダクトカテゴリ未設定数が0になっていることを確認

これで対応は終了です。

先ほどお伝えしましたが、プロダクトカテゴリは定期的に追加・削除されていますので、月1回くらいはチェックするようにしてください。