Yahoo!ショッピングストア運用ガイドライン改定(モバイルバッテリー)

モバイルバッテリーを出品する場合はPSEマークマークがあることを画像で明示する

※モバイルバッテリーを出品する場合は、当該商品にPSEマークがあることを画像(記載内容が確認できる鮮明なものとし、当該商品に添付されていることが分かる方法による)で明示してください。

また、
・製造事業者名または輸入事業者名
・製品型番
・定格電圧
・定格容量
等お客様が安全性を確認するために必要な情報を掲載してください。

と記載されていますが、文章だけなので、とてもわかりにくいです。画像にPSEマークが入っていなければOUT。
必要情報に関しては、「等」という表現があり、あいまいです。

まずは、様子を見た方がよさそうですね。

これが正解?

いろいろ見ていてよさそうだった画像がこちらです。
ポイントは当該商品に添付されていることがわかるという点です。

Amazonの売れ筋1位はAnker

無在庫転売では基本的にアマゾンから直接画像を引っ張ってくることがほとんどなので、一番売れている商品を確認してみました。
画像は9枚掲載されています。
タイトルには、PSE認証済と記載がありますが、果たして画像には!?1枚ずつチェックしていきましょう。


「Ankerグループでは、モバイルバッテリー等すべての対象製品に、PSE認証を取得しております」と記載があります。
しかしながらYahoo!ショッピングガイドラインでは、
「当該商品にPSEマークが添付されていることが分かる方法による 」となっており、当該商品にマークがあるかどうか画像では判断できません。
この商品がガイドライン的にNGとなるのかは10月7日以降にわかります。
ヤフーショッピングで検索したところ、何と!1店舗だけ出している店舗があるので、どうなるか見守りたいと思います。

私は今からモバイルバッテリーをすべて非公開にしようと思います!

対象となるモバイルバッテリーには、
ジャンプスターター、電子タバコ、ワイヤレスイヤホンも含まれる

参考サイト
経済産業省 電気用品安全法
ヤフーショッピング ガイドライン(モバイルバッテリー)

モバイルバッテリーだけを確認すればいいと思いきや、それだけではありません。
判断が難しいガイドラインになりそうです。詳しくは上記参考サイトをご確認ください。