ヤフショ無在庫で自己発送を利用し差別化+利益率アップ

基本的に無在庫販売では外部の倉庫・物流会社を使っている人がほとんどだと思います。
最近は物流会社の値上げも続いています。
ぜひ余裕のあるときに検討してもらいたいのが、自己発送です。

自己発送といっても、自分でやるだけではありません。
外注さんや、パートさんを使った自己発送もあります。

外注倉庫の発送代行料が高いのが、ネコポスと小さいサイズの宅配便

無在庫の販売者が一番利用しているオープンロジの料金表です。
これに、入庫代金70円を足したものが、料金となります。

SSサイズは440円(税込484円)となります。
厚さは2.3cm以内です。

自己発送でお得なのは、クリックポスト

日本郵便が提供するクリックポストは厚さ3cmまで全国一律税込188円で発送することができます。資材はおおよそ30円くらいで購入することができます。
484円-218円=266円の差額が発生します。
仮に5個発送すれば、1330円の利益になります。

次に検討すべきは、宅急便コンパクト

宅急便コンパクトは5cmまでの商品を安く送ることができます。
(たて)20cm(よこ)25cm(高さ)5cm=50サイズの大きさになります。
クロネコメンバーズに入会し、クロネコメンバー割BIGというカードを申込します。
50,000円からのチャージなので、発送が月に数十個ぐらいないとあまり意味がありません。

宅配便の個別で契約交渉してみる

集荷エリア限定だが、80サイズまでが安く送れるエコ配も

郵便局員があまり良く思わないが(笑)裏技のレターパックプラスを箱に変形

【裏技】レターパックプラスを箱形にすれば送料を抑えられる!厚さを変える裏技まとめ