ウリタスで使える発送代行会社が増えました

ヤフショ無在庫ツールである、ウリタスですが、私が始めてからも何度も機能の追加や提携倉庫の追加が行われています。
システムを作って終わりではなく、それをユーザーのニーズに合わせて常にアップデートしているところがすごいです。

ツール開発者のふじもんさんのサイトに2020年3月のコンサル生の実績が掲載されましたので、ご紹介します。

無在庫コンサル生の売上が、絶好調!!


出典 http://sedo.li/9977.html

2020年3月無在庫コンサル生の売上です。
出荷件数 18,102件 → 23,357件(前月比+22.5%)
売上合計 1億531億円 → 1億4475万円(前月比+27.2%)

とたった一ヶ月間でも大きく伸びています。


出典 http://sedo.li/9430.html

今回のアップデートは提携倉庫の追加

これだけ出荷件数が増えると、提携倉庫もパンクしてしまいます。
そのため、今後の出荷増加に備えて、新しい物流会社を用意した形になります。

いままでも2社あったのですが、3社目の物流会社になります。

システムで完全に連携しているため、ツール上の操作だけで出荷指示が完了します。
使う側にとっても、倉庫が変わったからと言って新しく使い方を勉強するわけではなく、今までの操作と同じで出荷作業が行えます。

詳しい料金は言えませんが、うれしいことにこれまでの2社よりも安く価格設定されています。

これまでもサイズの扱える範囲が増えたり、物流倉庫が増えたり、進化を続けているのがヤフショ無在庫ツール「ウリタス」の強みだと思います。