転売で逮捕!?鬼滅の刃の偽シール転売で中国籍の女性逮捕

鬼滅の刃のシールを、偽物と知りながら転売した疑いで、中国籍の女が逮捕されました。
ニュースの詳細はこちら

無在庫転売を含め、知っておいた方がいいニュースですので、解説したいと思います。

著作権法違反の疑い

キャラクターにはその権利があり、グッズを作る際にはライセンス元と契約して、販売をする必要があります。
しかしながら、今回のケースでは、中国でライセンス元の許可を得ずに製造された商品を輸入し、インターネット上の通販サイトで販売したとのことです。

こういったケースではなかなか立件が難しいと思いますが、フィギュアを含めて摘発されるケースが増えています。

転売は決して違法行為ではありませんが、扱う商品によっては違法行為となってしまうことがありますので、しっかりと法律を理解した上で行うようにしましょう。

偽物の見分け方

新品 漫画 アニメ 鬼滅の刃 シール ステッカー お気に入りのスーツケース 子供、車、オートバイ、自転車、スケートボード荷物 防水 ランダムシール スーツケース 50PCS (鬼滅)

例えば、上記の商品。

まずはこれが偽物か、本物かご自身で考えてみてください。










まず、出品者の確認。

Amazonの出品者情報より

日本の熊本県のお店のようです。
ブランド Yamimi
JANコード 0781828231479
日本の場合、JANコードは49または45からはじまります。
0からはじまるのは、アメリカです。

日本の正規品の場合は、通常JANコードが付与され販売されます。

例えばこちら。
鬼滅の刃 トラベルステッカー (1)竈門炭治郎

JANコード 4970381448622 
メーカー エンスカイ

✓ JANコードがない
✓ メーカー名で検索しても会社情報が出てこない

ことから、偽物である可能性が高いです。

従って、この情報を元に、他のモール(ヤフショ・楽天市場等)で販売をしていた場合、著作権法違反が疑われる可能性があるということです。

偽ブランド品含め、偽物にはくれぐれも注意するようにしましょう。

特に危険そうな商品は、シール・キーホルダー・スマホケースなどになります。
出品中の商品もいまチェックすれば間に合います。しっかりと確認しましょう。

prima