商標登録の申請を自分でしてきました 商標登録願はA4用紙ペラ1枚でOK

2022年6月13日

オリジナル商品を扱う際、ブランド名を付けると思います。
このブランド名を保護するのが商標登録です。

弁理士などに頼む方法もありますが、、、まずは自分で商標登録願を書いて、東京都の千代田区にある特許庁に提出してきました。電子申請する方法もありますが、ソフトのインストールなど手間がありましたので、まずは簡単な紙で提出をしてきました。

必要書類はA4一枚のみ【商標登録願】

商標登録願のWordフォーマットはこちら ⇒ 商標登録願

書き方ガイドはこちら ⇒ 書き方ガイド

記載項目

【書類名】商標登録願
【整理番号】任意でOK 例)ABC1
【提出日】当日記載すればOK
【あて先】特許庁長官 殿

【商標登録を受けようとする商標】
〇〇〇〇
【標準文字】、【立体商標】、【動き商標】、【ホログラム商標】、【色彩のみからなる商標】、【音商標】又は【位置商標】

一番無難なのは、【標準文字】

【指令商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分】
 【第〇〇類】
 第1類~45類まであります。その中から対応するものを選びます。
 第1類〜34類までが商品、35類〜45類までがサービス
 物販の場合、前者になると思います。

 【指定商品(指定役務)】
 商品(役務)の内容及び範囲を明確に理解することができる表示を記載

【商標登録出願人】法人又は個人の情報
 【住所又は居所】
 【氏名又は名称】
 【代表者】
 【電話番号】

このあたりは書き方ガイドで詳しく解説されています。

手数料の表示について

テンプレートによって、【手数料の表示】と【納付金額】が記載されている場合があります。

【手数料の表示】
【納付金額】12000

電子申請の場合、必要な記載のようで、
紙で申請の場合は、不要ですので記載する必要はありません。

商標登録にかかる費用

区分数1の場合(=1ブランド名、1区分)

出願時特許印紙:12,000円
紙(書面)による出願手続きの場合 電子化手数料:3,200円
 ※約1週間後に払い込み用紙が送られてきますので、それで納付

申請が認められた場合
登録時特許印紙:28,200円

合計43,400円(10年間)

特許印紙は申請窓口の近くに販売所がありますので、そこで買えばOKです。
窓口で書類に不備がないかを見てもらってから貼るようにしましょう。

郵送等での提出で貼る必要があるときは郵便局(本局:大きいところ)で購入が可能です。

スケジュール

窓口で提出

電子化料金払込用紙が届く:約1週間後

特許庁では、手続きの効率的な処理を促進するため、すべての手続きを電子化することを進めております。
そのため、ユーザーの皆様が各種手続を書面(紙)で提出された場合は、電子化するための手数料(電子化手数料)の納付が義務付けられています。
とのこと。

手数料は、手続き1件につき2,400円+1枚につき800円。
3,200円の郵便局の払込用紙で納付しました。(ATMで支払い可能、手数料152円)

納付しないと却下処分となりますので、注意。

特許庁より出願(申請)番号通知が届く:約3週間後

出願から3週間ほどで、特許庁より出願(申請)番号通知が届きました。

登録査定には平均8~9箇月かかると言われました。(混み具合により変化)
審査の結果の通知は、書面(郵送)で行われます。

提出場所

〒100-8915 東京都千代田区霞が関3丁目4番3号
TEL 03-3581-1101(代表・9時00分から17時30分)

https://www.jpo.go.jp/introduction/access/map.html

受付票を記入して、身分証明書を提示すると一時通行証をもらえます。
自動改札を通過して入館します。

申請場所は1Fにあります。

専門家にお願いする方法

自分でやるのは面倒、、、
専門家に任せたい!!!という方は、以下のサービスがおすすめです。

Treru商標登録