無在庫販売は飽和するか?とご質問を頂きましたので、その回答してみます

2020年2月7日

稼ぎ続けるには飽和というのは重要なポイントですね。なかなか事前にはわからない点なので、聞いてもらうのが一番ですね!
どのように市場を捉えるかによっても変わってきます。

同じ商品に無在庫の販売者が並べば、飽和と言える

台風による停電の影響もあってか、ヤフーショッピングではポータブル電源が非常に売れていた時期があります。 ブランド名でいうとJackeryなどです。
このブランドの商品には多数の無在庫販売者が出品をし、販売していました。
単価も高いので、利益を取りやすいということもあったと思います。

しかしながら、お客さんがどのように商品にたどり着くか考えてみると、

・おすすめ順で上位に表示されたからクリックした
・安い順に並べて、一番上に表示されたからクリックした

が多いと思います。
なぜなら、Amazonから情報を引っ張ってきているため、商品タイトルなどが同じになるからです。

ジャクリのポータブル電源が月に300万円売れる場合は、売上の取り合いになるということが言えると思います。
その競争に勝つためには、おすすめ順または安い順で上位を取る必要があります。値下げをすれば売れるかもしれませんが、利益は薄くなります。

したがって、同じ商品を出した場合は、飽和の状況になるといえると思います。

扱う商品数は?

ウリタスのユーザーは2,000商品であることが多いです。
他のツールの場合、50,000商品や制限のないものもあります。

Amazonの商品数は億単位であります。無在庫の場合は自由に選んでくることができます。
したがって被らないように選んでくれば問題はありません。

大事なのは商品を選定する力、発想の方だと思います。
ニュースやテレビ、ネットなどを見ていて、トレンドの商品を扱ったり、新商品を入れていくことで、他のショップと差別化していけば良いと思います。

Yahoo!ショッピング全体では売上は伸びている

これも大事なことです。
市場全体が伸びているか縮小しているかで大きくことなります。
通販市場は年々拡大しています。しかしながらEC化率という意味ではまだまだ伸びる余地があります。
したがって、やり方次第では売上を伸ばしていくことが可能です。

事実、今月も新たに1ショップオープンしました

来年の目標も今立てていますが、まだまだ攻める予定です。
在庫を抱えない分、複数ショップの展開も可能です。
まずは1店舗をしっかりと回す必要がありますが、回るようになったら単純にショップを2店舗に増やすことで、利益も2倍になるのです。