有在庫の人は、無在庫、無在庫の人は有在庫をやるといい

無在庫販売を行うと、たびたび売れる商品が出てくることがあります。
そういった商品が出てきたときにどのような行動をするかで、利益の幅が大きく変わってきます。

売れている理由を考えよう

無在庫販売している場合、アマゾンの価格に送料・手数料を加えて販売しているわkですから、決して安値ではありません。
しかしながら、何度も売れるということは、何かしらの理由があると考えられます。

簡単なのは、同じモールのショップの在庫がなく、アマゾンには在庫があるという状態。わかりやすいですね。
ヤフーショッピングで他にないから、ショップで購入がされます。

それ以外の理由としては、一時的なブーム。どこもかしこも在庫がほとんどないが、アマゾンはときどき在庫が復活する。そのときどき復活したデータを価格改定の際にヤフーショッピングに反映すれば、在庫があるということになります。
この場合は、在庫確保ができない場合もあり、注意が必要です。

何回も売れた商品の場合は、他店の状況や他のモールの状況をチェックしてみましょう。

市場の在庫が少ないということであれば、それを購入(在庫)し、販売することもできますね。

何でもついでにやることが大事です。

無在庫で売れるか調査し、在庫するかどうかの判断にする

有在庫での販売者にとって大事なことは、売れるかどうかです。
それを確かめるには通常、在庫を持って出品するしかありません。

しかしながら、無在庫ツールを使えば、売れるか売れないかがわかります。
条件としては、多少異なります。配送日数が遅い、価格が違うなど。
ただしテストとしては良いと思います。

ヤフショのデータは少ないので、情報収集に活用するという方法です。
PVなど貴重なデータも得ることができます。

無在庫で売れた!でも在庫がアマゾンにない、はある意味チャンス

アマゾンに在庫が無い商品は無在庫をやっていれば、ときどきあると思います。
そのとき、キャンセルするか、他の販路で探すか、こんなところでも差が付きます。

今日私が見つけたポケモンの商品で解説したいと思います。
楽天やヤフー、ヨドバシやビックカメラなどで探していたところ、ペイペイモールにその商品がありました。

アマゾンにないので、人気の商品であることは間違いありません。
注目して欲しいのは、カートに入れたときの数。
74人がカートに入れていて、在庫数は1。

ただし私が最初に見たときは3ありました。
このときに有在庫セラーであれば、すべて購入して在庫しようと思うはずです。
無在庫セラーだと、スルーしてしまうかもしれないですね。

今回のタイトルでもある、無在庫セラーは有在庫もやった方が良いというのは、無在庫で必要なリサーチをしている中で、仕入れできる商品が出てくることがあるということです。

そういうスポットの仕入れも行っていくと、利益の幅が大きくなります。

ぜひやってみてください。

prima